セックスレスは精力剤で改善できる

勃起不全(ED障害)なると同時に、セックスレスになることも多いと言われています。結婚して妻がいる男性や彼女、または特定のパートナーがいる方には、切っても切れないもは、やはり「性行為」でしょう。

日本性科学学会の定義によるとセックスレスとは、「決まったセックスパートナーが存在し、単身赴任や入院などの特殊な事情が認められないにも関わらず、それぞれの合意したセックス(性交)、もしくはセクシュアル・コンタクト(裸で抱き合って寝るなど、性行為と捉える行為全般)が1か月以上なく、その後も同じ状態が長期にわたることが予想される場合」を「セックスレス」と定義しています。

勃起不全(ED障害)になることで、セックスへの欲求が減る場合と、性的欲求はあるのにも関わらず、勃起しないなどの場合があります。

上記で述べた定義で言うと、抱き合って寝ると言った行為もセックスの一部としています。ただ、挿入を伴わないセックスばかりだと、パートナーには変な疑いをもたれてしまう場合もあります。

勃起不全(ED障害)の事をパートナーに話す事が良い場合もありますが、話そうかどうか迷うことで心因性EDを深めるより、だまって、医師に相談したり、精力剤やED治療薬を服用した方がいいと思う男性も多いようです。もし、本格的に勃起不全を治療する場合はある程度時間がかかってしまいますので、精力剤を服用することは最も最短でセックスレスを改善する最良の方法とも言えます。

EDなんて怖くない!精力剤で女性を見返す